自分を変えたい人におすすめする本と私の実体験

自分を変えたいと考えている人「もっと前向きな自分になりたい。もっとチャレンジングな自分になりたい。もっと明るい自分になりたい。」

そんな風に考えている人に今回の本を紹介します。

今日の目次です。

・本の紹介
・本の概要
・顕在意識と潜在意識
・三日坊主
・私の行動と効果
・まとめ

この記事の信ぴょう性

私は、今回紹介する本を参考にして、自分の望む習慣を手に入れることができるようになりました。

特により前向きな行動を取るようになり、ネガティブなことを考えなくなりました。

他のブログ記事で説明しているように「朝活の習慣を身につけ49歳で転職を成功」出来たのは、この本に書かれているノウハウを活用したことが一つの要因と言っても良いと思います。

より良い条件で転職を成功させるためには、転職前に資格やスキルを習得することが早道ですが、仕事をしながらではなかなか難しいのも事実です。しかし朝活を活用すればその悩みを解決することができます。朝活を天職にどう活かすのかを説明します。

では、1つ1つ説明していきたいと思います。

本の紹介

今回紹介する本は、

タイトル:借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ
著者:小池

です。

私はこの本を読んでから、「潜在意識」というものに興味を持ち、潜在意識に関連する本を読みあさるようになりました。

他にもおすすめの本があるのですが、それは別の機会にお話しします。

では、もう少し深掘りして説明していきますね。

本の概要

この本は、著者 小池 浩氏の実体験に基づく実話です。

自身の事業の失敗から2000万円の借金を背負うのですが、自身の「口ぐせ」の習慣を活用し最終的には10年で借金を完済。

素敵な奥さんと出会い、子宝にも恵まれて、今は本を出版し起業し大活躍。

講演活動などもこなす実業家となっています。

なお、実際に本を読むと「スピリチュアル」的な表現になっているので嫌悪感を抱く人がいるかもしれません。

しかし根底となっているのは脳科学(潜在意識が行動に及ぼす影響に関する考察)であって、非常に科学的です。

この部分をきちんと理解して自分の行動に「潜在意識をコントロールする術」を取り入れることができれば、極端な話自分が望むどのような人間にでもなることができます。

悪用すれば、他人をコントロールすることすら出来るようになるかもしれません。

このような事を前提にして本を読むと、表面的な記載の内容以上に本質を深く理解することができると思います。

潜在意識と顕在意識

私がこの本から得たもっとも重要なポイントは、

「人間の行動や考え方は潜在意識がすべてをコントロールしている」

という点です。

潜在意識に関して少しだけ解説します。

人間の意識には以下の大きく2つの種類があります。

・顕在意識(けんざいいしき)
・潜在意識(せんざいいしき)

顕在意識と潜在意識は、よく以下のような氷山に例えられます。

顕在意識とは、普段我々が意識している「意識」のことです。

潜在意識とは、無意識ともいわれる、普段我々が意識していない「意識」のことです。

我々は何事も自分で考え・決断して行動していると思いがちですが、実は行動や決断のプロセスにこの「潜在意識」が大きく関わっています。

これも脳科学などの本でよく聞く言葉ですが、

「潜在意識は変化を嫌う」

です。

人間には本来ホメオスタシス(現状維持機能)というものが備わっています。

人が何か新しい事を始めようとすると、そこにはリスクが伴います。

今は何か新しいとを始めたとして命に関わるようなことはほとんどありませんが、太古の昔は何か新しい事を始めるときには命の危険さえあったのです。

そこで人間の体や脳は、潜在意識下でこのホメオスタシスを発動させ命を守るため現状を維持しようとするのです。

これがどういう影響を及ぼすかを次に説明します。

三日坊主

三日坊主、読者の方は誰でもこの「三日坊主」を経験したことがあると思います。

もちろん、私も経験しています。

三日坊主とは、何かを新しく始めたとして、継続できずにすぐに止めてしまう事を指しています。

例えば、次のような例です。

・日記
・朝のジョギング
・英語や資格の勉強
・ダイエット

などなど。

つまり、前述までの説明をもとに考えると、「三日坊主」が起きてしまう理由は意志の問題などではなく、人間の潜在意識やホメオスタスシスの機能から考えれば当然の結果なのです。

さらに、逆にこの仕組みを理解すれば、潜在意識をコントロールしホメオスタスシスの機能を発動させることなく変化を起こすことができるのです。

次に私がどのように変化を起こしてきたのかを説明したいと思います。

私の行動と効果

今回の著書「借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」では、まさに潜在意識をコントロールする方法が紹介されています。

その方法を簡単に述べると

・口ぐせによって潜在意識を変える

です。

ここでその中身を全てを説明すると本を読む楽しみがなくなってしまうので詳細は割愛しますが、私は毎日潜在意識を変えるためこの習慣を実施し、なりたい自分に近づいているのを実感しています。

具体的な成果は以下のとおりです。

・保守的な性格だったのが、新しいことになんでもチャレンジするようになった
・いつもネガティブな事を考えがちだったのが、ポジティブ思考になった
・三日坊主になることが多かったのが、読書や勉強を習慣化しスキルを向上させた
・49歳にして転職した

この中で、もっとも大きな成果はやはり転職を成功させたことだと思います。

昔の超保守的な私では到底考えられない大きなチャレンジであり、非常に大きな成功でした。

口ぐせの習慣を続けている間は全くといっって変化には気が付かなかったのですが、結果を出してあとで振り返ったときに、いつの間にか自分が大きく変わっていたことに気がついたのです。

変わるまでには時間がかかりますが、変えることにお金がかかるわけでも、大変な思いをするわけでもありませせん。

ただただ、口ぐせを続けるだけです。

それだけで変わるのですから、簡単だと思いませんか?

読者の皆さんには、是非実践してほしいと思います。

まとめ

今回紹介した著書から私は「潜在意識」が人間の行動に大きな影響を与える事を学び、それがどのように作用するかをこのブログで説明してきました。

そして「三日坊主」を例にして、変化を起こすことが大変難しいことであることを説明するとともに、それは意志の問題などではなく人間が本来持つ自身を危険から守るための機能(ホメオスタスシス)が働いた結果だという事を書きました。

なので、三日坊主で終わることに、なんら後ろめたさを感じる必要はありません。

しかしながら、世の中にはその防衛機能を突破し、多くの変化を起こしている人がいるも事実です。

そこには、変化を起こす事を嫌う「潜在意識」をうまくコントロールするためのテクニックがあるのです。

そのテクニックが、

「借金2000万を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

の著書の中に紹介されています。

ここが、私がこの本を皆さんにおすすめする理由です。

読者のみなさんは、是非この本を読んでなりたい自分になり、自分の夢ひとつでも多くかなえてもらえればと思います。

みなさんの人生が、素晴らしいものになる事を祈っています。

それでは、また。

あつし

書籍の購入に関して

著書を今すぐににでも購入して自分を変えたいという方は、下記から購入可能です。

いつも私のブログで書いていますが、考えるだけでは何も変わりません。

大切なのは、即決断し行動する事です。

頑張ってください!!