スムーズに早起きするためのおすすめの準備とコツ(朝活のすすめ)

・スムーズに早起きするためのコツはないかな?
・早起きするために必要な準備ってある?
こんな質問に答えます。

習慣化出来てしまえば

早起きはそれほど苦ではないのですが、

そうなるまでには、

ある程度時間がかかります。

根性や気持ちだけでは

なかなか早起きを継続するのは

難しいでしょう。

今回は早起きを継続させるための

コツについて話をしようと思います。

目次

今回の目次です。

1.早起きは習慣化するまでが大変
2.早起きするための準備
1)着替えを準備する
2)朝にする好きなこと1つを決めておく
3)朝ご飯を事前に準備する
4すぐに作業を開始できるよう準備する
5)あえてやりかけの事を残して寝る
3.まとめ

それでは、11つ説明していきますね。

1.早起きは習慣化するまでが大変

早起きの効果は

今まで筆者のブログで

何度も説明してきました。

早起きを習慣化出来れば、

読者が考えている以上の

様々な素晴らしい効果があります。

しかしながら、

早起きというのは

継続するのがなかなか難しい

習慣の1つです。

最初のうちはモチベーションが高く

気持ちも高ぶっているので

早起きできるのですが、

時間がたってくると、

段々と起きるのが遅くなって

最後には元に戻ってしまいます。

最初のうちは、

モチベーションと根性で

なんとか早起きできますが、

歯磨きのように習慣化するまでは、

寝る際の準備や

ちょっとしたコツを使うことで

より早起きがしやすくなります。

今回は、

その準備やコツのいくつかを

紹介したいと思います。

2.早起きするための準備とコツ

では、早起きするための

準備やコツについて

説明します。

1)着替えを準備する

これは、

昔からあるコツの一つです。

起きてからの着替えを

スムーズにするために、

寝る前に次の日の服を決め

ベッドの横に準備しておく

テクニックです。

朝に運動する人の場合、

スポーツウェアを着たまま

寝る方法もあります。

早起きして行動を起こすまでの

準備に時間がかかると、

人間は面倒になって

行動をしなくなるものです。

この時間を極力短くすると、

必然的に行動しやすくなります。

私の場合も、

朝の時間を可能な限り

有効に活用したいので、

服の準備に加えて、

鞄や、ハンカチ、傘など

出社するための準備も

すべて完璧に整えておきます。

こうすることで、

さっと起きて始発に乗り

出社出来るようになります。

私の場合、朝早く出社して

会社で様々な活動をするのが

日課なので、

早起きして始発に乗るまでの

行動をスムーズにするのが

ポイントとなります。

なので、服の準備や持ち物の

準備が重要になります。

2)朝にする好きなこと1つを決めておく

これも早起きするための

古典的なテクニックです。

趣味や読書、映画鑑賞など、

自分の好きなことを

朝やるように決めておくと、

自然とモチベーションが上がり、

早起き出来るようになります。

ただし、これだけだとモチベーションを

継続するのが難しくなるので、

あとで説明する

・「やりかけ」

のテクニックと組み合わせることで

より効果が出るようになります。

3)朝ご飯を事前に準備する

私は今は朝食を食べない主義なので

このテクニックを使っていませんが、

朝をきちんと食べたい人は、

朝ご飯を事前に用意しておくことで

早起きがスムーズになります。

昔は私も朝食を食べていたので

分かりますが、

朝食の準備って思った以上に

時間がかかります。

貴重な朝の時間を有効に活用

するためにも、前の日に準備を

済ませておきましょう。

サラダなら、事前に作っておく。

スープなどはインスタントを

カップにれておき、

お湯を注ぐだけにしておく。

もしくは、シリアルのように

簡単に準備できるものに

するのも一つの手です。

ちょっとした工夫でも

積み重ねれば大きな時間の

節約になるのでで、

色々試してみましょう。

4すぐに作業を開始できるよう準備する

これは、私がよく使っている

テクニックです。

私は朝一にツイッターの投稿や

ブログ執筆をしているので、

そのためのPCの準備や、

タブレットの用意をしておきます。

これにより、朝一机に座ったら、

すぐに作業を開始できます。

これは、趣味や仕事にも使えます。

手芸なら、手芸のための生地を準備。

読書や映画鑑賞なら、

読みたい本を出しておいたり、

観たい映画をすぐに再生できるように

しておくなどです。

仕事だと、

レポートを書くための資料を

準備しておいて、

すぐにレポートかけるように

しておくとスムーズに仕事を

開始することが出来ます。

何かを始めようとして、

いざ始めようとしたときに、

事前準備に時間がかかってしまうと、

やる気が一気に削がれてしまいます。

朝の時間は特に、

このようなやる気が削がれる要素を

取り除くのが重要です。

5)あえてやりかけの事を残して寝る

このテクニックは、

(4)をもう少し発展させたやり方です。

早起きする前の夜に、

仕事でも趣味でも

夜に作業をはじめてまいます。

そして、あえて中途半端なタイミングで

作業を中断して寝ます。

もう少しやりたかったと思うところで

作業を止めるのがコツです。

2)で説明した好きなことと

組み合わせるとさらに効果があります。

このような状況で寝ると、

朝はすぐに続きをはじめたくて

飛び起きるようになります。

しかも、一晩寝たことで

頭がリフレッシュされて、

多くのアイデアが出てきたり、

作業効率が夜よりも大幅に向上します。

このやり方は、事前に説明した

どのやり方よりも、

もっとも早起きがしやすいコツです。

是非試してみてください。

3.まとめ

それでは、まとめです。

今回は、

・スムーズに早起きするためのコツはないかな?
・早起きするために必要な準備ってある?

といった質問に答えてきました。

早起きというのは、

継続するのがなかなか難しい習慣です。

最初はモチベーションや

根性で早起き出来ていても、

それを続けるのは難しいものです。

そのためには次にあげるような

テクニックが有効です。

1)着替えを準備する
2)朝にする好きなこと1つを決めておく
3)朝ご飯を事前に準備する
4すぐに作業を開始できるよう準備する
5)あえてやりかけの事を残して寝る

いかがだったでしょうか?

私は何度もブログで書いていますが、

朝活は人生を変える

・「魔法のツール」

です。

これらのテクニックを活用しながら、

是非朝活にチャレンジしてみてください。

それでは、また!

あつし