朝活+プチ断食で見た目も中身もダイエット(出来る男・素敵な女性になる)

ダイエットしてカッコいい男・綺麗な女性になりたい人
・朝活でダイエットできるの?
・プチ断食ってなに?
・中身もダイエットって?
・出来る男、素敵な女性って?

という質問に答えます。

朝活だけでも、もちろんダイエットは十分にできます。

でも、

プチ断食と組み合わせるとダイエットもできるうえ、

朝の時間を最高に効率よく過ごすことができます。

たとえば、

・勉強がはかどりスキル向上
・趣味や好きなことができてプライベート充実
・仕事の効率が上がり仕事の出来る人間になる

といった嬉しい効果があります。

ダイエットもできる上に仕事もプライベートも充実すると、

あなた自身の輝きが増し、

当然周りの目も変わってきてモテモテになります。笑

どうしてそんなことが可能か?

一つ一つ説明しますね。

目次

目次は以下の通りです。

1.ダイエットには断食が最適
(1)私のダイエット経験
(2)月曜断食
(3)断食の効用
2.朝活は自己アップデートの最高のツール
3.朝活とプチ断食は最強の組み合わせ
4.ダイエットをさらに加速したいなら
5.まとめ

では、詳細を説明します。

1.ダイエットには断食が最適

(1)私のダイエット経験

さて、では最初に今回のメイントピック、

・「ダイエット」

について話をします。

この記事を読んでいる読者の方は、

きっといろんなダイエットを試した経験がありますよね?

私ももちろんそうです。

私が試したダイエットとしては、

・レコーディングダイエット
・カロリー制限ダイエット(2200Kcal/日)
・低糖質ダイエット
・断食

を今まで試してきました。

この中でもっとも効果のあったのが、

「断食」

です。

断食以外のダイエットは数キロ落としてはリバウンドする。

しかも、リバウンドするときは以前より体重が重くなる。

そんな繰り返しでした。

ところが、この「断食」ダイエットでなんと、

・4ヶ月で10Kgのダイエットに成功!!

しました。

しかも、断食ダイエットが習慣化するとリバウンドしにくいのです。

しかもしかも、お財布にも優しい。

これってすごくないですか?

では、実際にどうやって成功したのか、もう少し詳しく説明しますね。

(2)月曜断食

私が実施した断食は、下記の関口 賢氏の著書「月曜断食」です。

書店でこの本を見つけて

「これだ!!」

と直感した私はその場で書籍を購入。

次の日から断食を始めて、

そこから4ヶ月で10Kgのダイエットに成功しました。

このダイエット法の詳細は著書を読んでもらいたいのですが、

概要を書くと以下の通りです。

・文字通り月曜日だけ断食をする
・月曜日以外も平日は軽めの食事
・週末は好きなものを食べる

です。

断食と聞いて、

かなりストイックな食事制限を想像したかもしれませんが。

完全な「断食」は月曜日のみです。

その他の平日は軽めであるもののちゃんと食事はできますし、

週末は好きなものが食べられます。

なので、それほどしんどくなく続けられます。

そして、ある程度体重を落としたあと、

私は自分でアレンジして

・朝だけプチ断食

に変えていきました。

これは、

・朝だけ食事を抜く

ダイエットです。

この朝だけプチ断食は、朝活と非常に相性が良いので

今回読者に強くおすすめします。

詳細は後ほど説明します。

(3)断食の効用

次に断食の効用について少し説明したいと思います。

断食には、

・ダイエット効果
・身体の免疫の向上
・肌が綺麗になる
・胃腸を休めるため便通が改善
・頭の働きが向上

といった効果があります。

断食の効果に関しては、次の書籍も参考にしてみてください。

最初はダイエットだけを目的にして始めた「断食」でしたが、

そのあとはすっかり断食にハマってしまいました。

ダイエットもできて健康にもよい断食。

是非とも、ご自身の生活に取り入れてみてください。

ちなみに、私は断食で糖尿病も治しています。

詳細は下記の記事を参照してください。

健康は何よりも大切ですが、40代、50代にもなれば体にガタが出てきます。 私は重度の糖尿病でしたが、ある方法で劇的に改善することができました。 このブログでは、私の経験を踏まえて糖尿病の症状を改善する方法について説明します。

2.朝活は自己アップデートの最高のツール

朝活に関して話を始めると、

はっきりいって丸一日は話をしていられます。笑

簡単に説明すると、

・朝は普段よりも2時間程度早く起きる
・早起きして出来た「自由時間」を使って自己鍛錬(たんれん)を行う

です。

自己鍛錬と難しく書きましたが、最初は自分の好きなことでいいと思います。

ちなみに、私はこんなことを実践してました。

・勉強(TOEICなど)
・趣味
・資格取得
・運動
・仕事
・投資

ダイエット期間中は朝活の時間を「運動」に使うと、

効果がさらにアップします。

私はスキルアップをしながら今は「朝筋トレ」を実践して、

健康のための体型維持と

さらに「かっこいい」体型になるためチャレンジを続けています。

朝活に関するしてはまだまだ語りたいことが多いのですが、

この辺でやめておきます。

私の朝活への熱い思いは、下記のブログを読んでください。笑

より良い条件で転職を成功させるためには、転職前に資格やスキルを習得することが早道ですが、仕事をしながらではなかなか難しいのも事実です。しかし朝活を活用すればその悩みを解決することができます。朝活を天職にどう活かすのかを説明します。

朝活で実践すべきおすすめの行動を私の経験をもとに4つ紹介します。加えて実際の私の1日のスケジュールを載せておきましたので、朝活を実践する際の参考にしてみてください。

では次に、朝活とプチ断食の組み合わせにどのような効果があるのか

話をしたいと思います。

3.朝活とプチ断食は最強の組み合わせ

では、朝活とプチ断食を組み合わせて、

最高のダイエットプログラムを提案したいと思います。

具体的には以下です。

(1)朝は通常の起床時間の2時間程度前に起きましょう。
(2)朝ごはんは抜いてください。(これが「プチ断食」です)
朝ごはんを抜くことで1日のトータル摂取カロリーを減らします。
ただし、水分はしっかりととってください。
(3)朝早く起きたことで確保した時間に運動を取り入れてください。
プチ断食でカロリーを減らすことに加えて、
運動をすることで、さらにダイエット効果を高めることができます。
運動の内容は読者それぞれで自分の好きな運動を取り入れてもらえればOKです。

具体例としては以下です。

– ジョギング(定番です)
– ジムで運動
– ウォーキング
– 家で筋トレ
– ヨガ
などです。

私は、昔はジョギングを取り入れていました。

24時間制のジムに通い、朝6時からトレーニングしていたこともあります。

最近はもっぱら家の中で朝筋トレを実施しています。

ダイエットとしては、

・「プチ断食」+「運動」

で十分な効果を出せると思います。

そして、ここからが今回の提案のもっとも大事な部分です。

筋肉の運動が終わったあとは今度は脳の運動をしましょう。

具体的には、読書や勉強などです。

副業という手もあります。

もちろん趣味でもいいですし、ゲームとかでも構いませんが、

どうせなら自分磨きに繋がるようなものが良いと思います。

なぜここで脳の運動をすすめるかというと、

このタイミングで、脳を使う読書や勉強、副業などをすることで、

昼間やるよりも何倍もの効果を上げることができるからです。

朝活の時間帯の作業効率が、昼間の数倍のになるというのは

よく聞く話だと思います。

それに加えて、

・「プチ断食」+「運動」

でさらに脳が活性化します。

朝ごはんをきちんと食べることを推奨する人もいますが、

私は朝は何も食べないのをおすすめします。

みなさんも経験があると思いますが、

ご飯を食べると内臓に血液が集まり眠気を引き起こします。

せっかく早起きしてもこれでは脳の十分な効果を発揮することはできません。

ところが、「プチ断食」することで内臓に血液が回ることがなくなります。

加えて運動をすることで体の血流が増し、脳を最高の状態にすることができるのです。

この状態で読書や勉強をすると、普通の朝活の何倍もの成果を上げることができます。

この効果に関しては、私自身が検証済です。

ダイエットで見た目を格好良く、もしくは綺麗になるのは良いと思います。

でも、せっかくですから見た目だけではなく、

中身も一緒に磨いてさらに自分自身をバージョンアップしましょう。

見た目も中身もバージョンアップすることで、周りのあなたの評価は一気に上がるでしょう。

これが、今回私が読者に提案する、

・「見た目」+「中身」のダイエット術

です。

4.ダイエットをさらに加速したいなら

さて、ここからは上級編です。

ダイエットをさらに加速し、仕事の効率も向上させる方法があります。

それは、

・「昼食も抜く」

ことです。

つまり、1日1食(夕食のみ)にすることです。

実は筆者の私は、今は1日1食(夕食のみ)生活です。

理由は朝を抜くのと同じ理屈で、

お昼を食べると消化のために午後は内臓に負担がかかり、

午後の頭脳労働のパフフォーマンスが落ちるからです。

朝と昼の食事を抜くことで、

朝から夕方までのパフォーマンスを最大化できます。

その上、摂取カロリーが抑えられるのでダイエット効果もバッチリです。

さらに夕飯はたった一食ですから、夕食に多少豪華なものを食べたとしても、

一日のトータルカロリー摂取量はかなり低く抑えられます。

ちなみに、芸能人に1日一食の人が結構多いのをしっていますか?

・Gackt
・京本政樹
・ビートたけし
・タモリ
・千葉真一
・福山雅治

などがそうです。

ただ、この上級編は若い世代にはあまりすすめません。

実施するのであれば、私と同じ50代あたりが良いと思います。

若い頃は新陳代謝も良く栄養を多少多めに摂取しても消化できますが、

我々50代世代は食べれば食べるほどみにつく年齢です。

50代は1日一食くらいが食事の回数としてはちょうど良いのです。

50代は健康にも色々と心配が出てくる世代です。

是非この

「1日1食」

も試してみてください。

5.まとめ

では、まとめです。

今回は、

・朝活+プチ断食で見た目も中身もダイエット(出来る男・素敵な女性になる)

と題して、

朝活とプチ断食を活用した、「見た目」+「中身」の両方のダイエットを提案しました。

やり方としては、

・朝は何も食べない(プチ断食)
・朝2時間ほど早起きして、自分のための時間を確保する
・確保した時間で運動をする

です。

さらに上級編では、

・昼食も抜いて1日1食

とすることで、ダイエット効果を加速し中身もさらにダイエットする方法を

説明しました。

いかがだったでしょうか?

朝活+プチ断食は、

私が今まで自分で試したダイエットの中では、一番楽に痩せられたダイエット法でした。

加えて、朝活でスキルアップをする努力を継続出来たことで、

日常生活に良い影響をあたえることができています。

読者の皆さんも、

朝活+プチ断食で理想の体を手に入れて、

かつ朝活で中身も磨き、

自分が理想とする自分になってください。

それでは、また!

あつし