【 初心者向け 】VR(仮想現実)ってなに?

VRについて知りたい人
・VRってなに?
・VRでなにが出来るの?
・VRって面白いの?

といった質問に答えます。

VR、AR。

特にVRは最近よく聞きますよね。

何やらSFの映画で見たような。

でも、実用化はまだまだ先なんでしょ?

そんな風に考えているあなた。

SFでもなんでもない。

もう、すでに実用化されているものもたくさんあります。

スマートフォンが10年で世界を大きく変えたように、

VRもきっと世界を大きく変えていくでしょう。

特に、

「人と人の繋がり」

を大きく変えていく技術になると私は考えています。

まだ我々の実際の生活に深くは入り込んでいませんが、

その時が来たときのため、

今からVRとは何かをよく知っておきましょう。

目次

目次は以下の通りです。

1.VR・ARってなに?
2.VR・ARでなにが出来るの?
3.VRを体験するには?
4.まとめ

では、1つ1つ説明していきますね。

1.VR・ARってなに?

筆者は新しいガジェットや新しいテクノロジーが大好きです。

今回もVRの記事を読んで、

すぐにVRのゴーグルを注文してしまいました。笑

テクノロジーは人間の生活を大きく変えていきます。

最近ではスマートフォンがその代表だったと思います。

これからの10年で世界を大きく変えるだろうと言われているのが、

・VR・AR
・自動運転

などのテクノロジーです。

今日はこの中の「VR・AR」について話をしようと思います。

(1)VRってなに?

VRとは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略です。

日本語だと「仮想現実」と呼ばれます。

映画「レディ・プレイヤー1」をご存知ですか?

あれが、まさにVR(仮想現実)です。

下記に参考までに映画の公式サイトのリンクを記載しておきます。

・レディ・プレイヤー1公式ページ(リンク

要は実在しない世界をコンピュータ上で創り上げ、

その中に入り込めるのが仮想現実です。

想像力さえあれば「レディ・プレイヤー1」のように、

どのような世界でも創ることができます。

この世界がまさに現実になろうとしているのです。

ワクワクしませんか?

私は映画スターウォーズが好きなのですが、

仮想現実が実現されたら映画スターウォーズの世界に

入り込んでみたいです。

(2)ARってなに?

ARとは、Augmented Realityの略で、

日本語だと「拡張現実」と呼ばれます。

最近ARで注目されたのは、Appleの新型iPad  ProのAR機能です。

百聞は一見にしかず。

まずは、下記のAppleのサイトを覗いてみてください。

・Apple 拡張現実に関する説明ページ(リンク

どうです?分かりましたか?

実在する「現実」と実在しない「仮想」を組み合わせたものが

「拡張現実」

です。

言葉を聞くと難しいですが、

実は我々の生活に少しずつ入りこんでいます。

もっと手軽な「拡張現実」の機能として

iPhoneのカメラをを使用した距離計測アプリを知ってますか?

下記がアップルの公式サイトのリンクです。

・iPhonesで寸法を計測する(リンク

私はこの機能を結構活用しています。

これもある意味「仮想現実」の活用例の1つと言えるでしょう。

2.VRでなにが出来るの?

さて、先ほどの説明で、VR・ARってどんなものかは

なんとなく分かったと思います。

でも、確かに面白いけど

・「実際役に立つの?」

といった質問があると思います。

今回は特に、VRが今後どういった用途で使われるのか、

説明したいと思います。

現状以下のような分野での活用が見込まれています。

(1)エンターテイメント(ゲーム、映画、ライブ)
(2)医療
(3)観光
(4)コミュニケーション

では、詳細を説明します。

(1)エンターテイメント(ゲーム、映画、ライブ)

まず、もっとも普及するだろうと思われるのが、

これらエンターテイメントの分野だと思います。

ゲーム、映画、ライブ共に、今は家でこれらを楽しもうとすると

テレビやパソコン、タブレットの画面上で楽しむことになります。

もちろん、それはそれで楽しいのですが、

VRになると、

自分がまさにその世界に入り込んだような臨場感を味わうことができます。

最近のゲームはオンラインゲームが主流となっています。

ネットワークで世界中の人々と繋がって、

ゲームの世界の中でで共に闘う。

そんなゲームが数多くリリースされています。

この世界にVRが導入されると、

まさに、先ほど説明した「レディ・プレイヤー1」の世界が実現するわけです。

ワクワクしますよね。笑

(2)医療

VRの真面目な?活用の分野として「医療」がよく取り上げられます。

医療の現場では、たとえ医大を卒業したとしても、

手術のスキルに関しては、現場で身につけるしかない状況です。

医師は、模型や文献でスキルを磨いていますが、

そのような状況の中にVRが取り入れられると、状況は一変します。

医師は仮想現実の中で、仮想の人間を相手に何度も手術の練習を

することができるようになります。

また、実際に手術を行った際の情報をもとに、

名医の手術の手順やテクニックを仮想現実の中で

学ぶといったことも可能になります。

このような使い方は、様々な現場で応用することが出来ます。

将来は、医療を含む様々な職業において、

筆記試験以外にVRを活用した実技試験が当たり前になるかもしれませんね。

(3)観光

VRは観光業界にも大きな影響を及ぼすでしょう。

なぜなら、

VRを使えば人間はどのようなところにも行けるようになります。

世界中の観光地はもちろんのこと、ヒマラヤの頂上、深海、宇宙まで。

行けないところはなくなります。

もちろん、旅行でVRを使って意味があるのか?というのはあります。笑

でも、リスクゼロでありとあらゆる場所に行けるようになるので、

時間やお金のない人にとってはこれ以上便利なものはありません。

今はPCやスマートフォンを使って、

Googleで世界のあらゆる街並みや風景の写真を見ることが出来ます。

そんな感覚で、VRでその場所に行った擬似体験とすることが出来るように

なるでしょう。

とても楽しみですね。

(4)コミュニケーション

VRの導入で、人々のコミュニケーションのありかたも

大きく変わることになるでしょう。

今はメールやLINE、テレビ電話といった手段でコミュニケーションを

とっていますが、VRを使用すれば、まさに目の前にいるような感覚で

世界中のあらゆる人々と出会うことが出来ようになります。

特に男女の出会いはもっと気楽になるでしょう。

VR上での出会いでは、女性にとってのリスクが大幅に軽減されます。

付き合っている男女においても同様で、

遠距離恋愛であってもいつも一緒にいるような感覚で過ごすことが出来ます。

そのうち、結婚はしても一緒に暮らすのは仮想空間で、

実際には別々に暮らすといったことが現実に起こるのかもしれません。

それは、ちょっと寂しい気もしますね。汗

3.VRを体験するには?

さて、こんなワクワクするVR技術ですが、

どうすれば、その素晴らしい技術を体験出来るのでしょうか?

現在VRを体験するためには、下記のようなデバイスが必要です。

(1)スマートフォンもしくはPC
(2)VRゴーグル(スマートフォン用もしくはPC用)

実際に装着すると下記の写真のようになります。

かなりゴツいですよね。汗

スマートフォン用は、中にスマートフォンをセットするだけなので、

とても気楽に楽しめます。

価格も非常にお手頃です。

ただし、PC用のゴーグルとなると、中にディスプレイが組み込まれており

価格も高く重量もそれなりにあります。

しかしながら、その分非常にクリアでリアルな仮想空間を満喫することができます。

このゴーグルも今はどんどん小さくなっています。

数年のうちに普通のメガネサイズになることも考えられます。

そうなると、さらに普及が進んでいくことでしょう。

ちなみに、私は今回スマートフォン用の下記のゴールグルを購入しました。

届いたら、その使用感をブログで紹介しようと思います。

4.まとめ

では、まとめです。

今回は、

「VRは何か?」

という点について説明してきました。

VRはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で、

日本語だと「仮想現実」と呼ばれます。

仮想現実では、人はVR用のゴーグルを着用して、

現実ではない「仮想」の世界の中で、

様々な体験を経験することができるようになります。

具体的には、下記のような活用が進んでいます。

(1)エンターテイメント(ゲーム、映画、ライブ)
(2)医療
(3)観光
(4)コミュニケーション

もちろん、これだけではありません。

これらの分野を皮切りに、

今後様々な分野に活用が広がっていくでしょう。

10年後、我々の世界はVRでどのよに変わっているのでしょうね?

想像するだけでも、今から楽しみです。

今後、筆者のブログではVRび関する情報を継続的にアップ予定です。

もし時間がありましたら覗いてみてください。

それでは、また!

あつし