老後も安定して稼ぐため50代でもTwitterを始めるべき理由3点

副業で老後を安定させたいと考えている人「Twitterを使って稼げるの?Twitterで具体的に稼ぐには?50代でもTwitterで稼げるかな?」

という質問に関して答えます。

まず、結論を説明します。

・副業するならネットでの商品販売もしくは広告収入がベストです
・商品販売もしくは広告収入を稼ぐにはTwitterで集客するのが効率的な方法です
・Twitterでの集客にはフォローワーを増やす必要があり、自身の経験やノウハウを元に「自己ブランディング」を行うことでフォローワーを増やすことが可能です
・自己ブランディングには時間がかかるためTwitterでの継続的な情報発信が必要です

今回筆者は、趣味で使用するツールとしてではなく「稼ぐ」というポイントでTwitterの使い方や可能性に関して説明したいと思います。

会社に依存しない個人で「稼ぐ」力を身につけたい人、副業で老後を安定させたい人は、一緒にこのTwitterの活用方法を身につけていきましょう。

この記事の信ぴょう性

私は現在51歳です。

定年もそろそろ視野に入ってきた今、定年後どうやって生活を安定させようかと悩みはじめたところです。

別の課題として、昨年は景気が好調であっても各企業が50代以降の人材を早期退職で人員整理するような事態になっていました。

ましてや、コロナで経済が混乱する中、今後ますます50代以降の雇用状況が厳しくなると思います。

そのような中で最も大切なのは、個人で「稼ぐ」力を身につけることだと最近気がつきました。

今回説明するTwitterは、個人で副業でネットで稼ぐための強力な武器になると思っています。

筆者の私自身はまだ実績をあげられていません。

しかしながら、だからこそ今から私と同じように稼ぎたい考えている同世代の人々の気持ちがよく分かります。

また、約4ヶ月ほどで学んできた知識は、これからTwitterを始めようとする人達にとっては有益になると思いますので、是非記事を読んでもらえればと思います。

目次

本記事の目次です。

1.Twitterとは?
2.Twitterでできること
(1)メッセージをつぶやく
(2)画像やURLを貼る
(3)ハッシュタグを付ける
(4)興味のある人をフォローする
(5)フォローワーとは
3.Twitterwを活用しネットで稼ぐには
(1)ネットで稼ぐ方法
(2)紹介料をもらう方法
(3)広告を貼る媒体
(4)Twitterを集客の「手段」として活用して利益をあげる
4.老後も安定して稼ぐため50代でもTwitterを始めるべき理由3点
(1)Twitterで自己ブランディングしてフォロワーを増やす
(2)50代はフォローワーを増やすためのネタ(人生経験)を持っている
(3)フォローワーを増やすためには時間がかかる
5.まとめ

では、1つ1つ説明していきますね。

1.Twitterとは?

Twitterの詳細は「Wikipedia」を参照してもらえればと思います。

Twitter」← リンク

ここでは、簡単に概要を説明します。

・2006年にサービスが開始されたSNS(ソーシャルネットワークサービス)です
・2019年時点で日本でのユーザ数は4500万人に達しています
・自身のメッセージをTwitterを通して全世界に発信することができます
・発信できる情報が140文字に限られています
・Twitterを使用しているユーザと繋がりやすく情報を共有しやすい特徴があります

こういった特徴があります。

ポイントは2点で、

(1)文字数が140文字に限られている
(2)ユーザと繋がりやすく情報を共有しやすい

です。

文字数が限られているのは不便に感じるかもしれませんが、無制限で情報を発信できる「ブログ」や他のサービスと異なり、限られた文字数の中で情報を伝えるからこそ必要な情報が伝わりやすいという特徴があります。

現代においては「情報」があふれており、人々は1つ1つの情報をじっくり読み込む時間がありません。

短い時間で必要な情報を得ることができるTwitterは、まさに時代のニーズにマッチしたツールだったといえるでしょう。

そして、もう1つの特徴は他ユーザと情報を共有しやすいという点です。

これに関しては、後ほど説明します。

2.Twitterでできること

次に簡単にTwitterの機能に関して説明します。

(1)メッセージをつぶやく

下記画面がTwitterのメイン画面です。

中央の「いまどうしてる?」の部分に自分が共有したいメッセージを書いて右上の「ツイートする」ボタンを押すだけです。

これで、情報を発信(つぶやく)することができます。

ちなみに、「進化」という文字は筆者のアカウントで使用しているアイコンなので、Twitterの機能とは何も関係がありません。笑

(2)画像やURL貼る

Twitterではメッセージのほかに、下記のように「写真」や「URL」を共有することができます。

[ 写真を添付した場合 ]

[ URLを貼り付ける(下記は新型コロナに関するニュースを貼り付けた例) ]
URLを貼り付けると、サイト内の写真も同時に貼り付けられます。

(3)ハッシュタグを付ける

ハッシュタグとは、発信した情報を分類するための「タグ」です。

下記画面内の「#コロナ」の部分がハッシュタグです。

もともとはローカルルールでしたが、Twitterが正式にハッシュタグをサポートしたことで活用が広まりました。

このハッシュタグを活用することで、同じトピックに興味のある人を検索しやすくなります。

下記の画面の右側に、Twitterで扱われている「ワード」のトレンドが表示されていますが、「#家フェス」というハッシュタグが9753メッセージに付けられていることが分かります。

(4)興味のある人をフォローする

これがTwitterの特徴ある機能の1つです。

Twitterで自分の興味のある情報を発信している人を「フォロー」することができます。

下記は安倍晋三総理大臣のTwitterですが、右上に「フォローする」のボタンがあります。

ここを押すだけで簡単にフォローすることができます。

フォローすると何ができるかというと、フォローした人が何か「つぶやいた」場合に、自分のTwitterの画面につぶやいた人の「つぶやき」が表示されます。

これにより、リアルタイムに気になった人の「つぶやき」内容を確認することができます。

(5)フォローワーとは

フォロワーとは、自分をフォローしてくれている人のことを指します。

安倍総理でいえば、2,033,844人の人が安倍総理をフォローしていることが分かります。

つまり、安倍総裁が何かをつぶやくと、2,033,844人の人に安倍総裁のメッセージが送られます。

Twitterがビジネスツールとして活用できるのは、この「フォロー」機能があるからです。

これにより情報を簡単に「共有」出来ることが、あとで説明する「集客」に直結します。

3.Twitterを活用しネットで稼ぐには

Twitterを活用してネットで稼ぐためには以下を理解する必要があります。

(1)ネットで稼ぐ方法
(2)紹介料をもらう方法
(3)広告を貼る媒体
(4)Twitterを集客の「手段」として活用して利益をあげる

それでは、1つ1つ詳細を説明します。

(1)ネットで稼ぐ方法

ネットでお金をかせぐ方法としては、大きく分けて下記の2つの方法があります。

①集客して、お客に自分の商品を売る
②集客してお客に商品を紹介し、商品を売っている会社から紹介料をもらう

ネットで稼いでいる人のほとんどは②で収入を得ています。

ある程度知名度がある人であれば、自身の商品を開発して①で利益をあげているひともいます。

利益でいえば①のほうが圧倒的に大きいので、②で収入を得つつ最終的には自身の商品を開発して①で稼ぐパターンを狙うのが良いと思います。

そして、両方に共通してもっとも大切なのは「集客」です。

どのような稼ぎ方であっても、集客できなければ商品を売ることも紹介することもできません。

(2)紹介料をもらう方法

商品を売っている会社から紹介料をもらう方法は、こちらも大きく2種類あります。

1.アフリエイト収入(アマゾン、楽天の商品紹介など)
・商品を紹介して、商品が売れた時に紹介料をもらう
2.クリック型広告収入(Googleアドセンスなど)
・広告を表示して、その広告をユーザが「クリック」した際に紹介料をもらう
・売れる必要はないが、アフリエイト収入よりは紹介料がかなり安い

アフリエイト収入やクリック型の広告収入の詳細に関してはまた別のブログで説明しますが、今の段階では上記の2種類の方法があることを理解いただければ充分です。

(3)広告を貼る媒体

様々な媒体がありますが、現在メジャーな媒体は以下3種類になります。

①メールやTwitter、SNS
②ブログ
③YouTube

この中で今もっとも伸びているのは③のYouTubeです。

数年前までは②ブログがメインした。

あれ?Twitterは?と思うと思いますが、Twitterは基本広告を貼ることを禁じています。

では、Twitterをどのようにビジネスに活用するのか?を次に説明します。

(4)Twitterを集客の「手段」として活用して利益をあげる

前述でネットで稼ぐために必要なのは「集客」だと説明しました。

どんなに素晴らしい商品を紹介しようとしても、集客して客を集めなければ商品の紹介すらできません。

Twitterは集客の手段として非常に効果的なツールです。

ブログやYouTubeの場合、ブログサイトやYouTube動画をユーザに知ってもらうにはユーザーが自分で検索して探し出してもらう必要があります。

ところは、Twitterは発信者側から能動的に働きかけて効率的に商品の紹介を行うことができます。

さきほどの、安倍総理の場合ではTwitterに2,033,844人のフォローワーがいることを紹介しました。

つまり、安倍総理に興味のある人が2,033,844人いるということです。

この2,033,844人の人たちは、もし安倍総理が何か商品の紹介をすれば(そんなことはしませんが)、きっと数%の人は興味を持って広告を見てくれるかもしれません。

さらに、その中の数パーセントが実際に商品を購入してくれるかもしれません。

たとえばフォローワーの1%の人が商品を購入したとしても、2万人が商品を購入してくれることになります。

阿部総理が1万円の商品を販売して2万人が購入してくれたら、2億円に収入になるわけです。

つまり、Twitterでフォローワーを増やし、フォロワーに対して商品の紹介や販売を働きかけていくわけです。

実際には、Twitterには広告は掲載できないので、広告が掲載されたブログやYouTube動画をフォロワーに紹介して、そこから商品を購入してもらう流れになります。

これが、現在Twitterを活用して利益をあげている人たちのやり方なのです。

4.老後も安定して稼ぐため50代でもTwitterを始めるべき理由3点

さて、少し長くなりましたが、Twitterの使い方がここまでで分かったものと思います。

簡単に整理します。

①ネットで稼ぐためには自身の商品を売るか、商品を紹介して手数料をもらう
②商品の販売・紹介には集客が必要
③集客にはTwitterが最適(フォローを増やし、フォロワーに商品の販売・紹介をする)

でした。

では、フォローワーを増やすために50代の我々が今から何をすべきなのかを下記に3点記載します。

(1)Twitterで自己ブランディングしてフォロワーを増やす

Twitterでフォローワーを増やすには、自己のブランドを確立して自分に興味を持ってもらいフォローワーを増やすのが一番です。

Twitterをやったことがある人なら分かると思いますが、自分がフォローしたくなる人は、その人に何かしら魅力がありその人から何を得たいと思ってフォローするわけです。

その「魅力」とは人によって異なります。

最初のうちは「ブランディング」に色々悩むと思います。

簡単にいえば、何かしらの専門家になりその専門分野に関する情報をつぶやくのが近道です。

人は、自分の知らないことを知っている人間をフォローしたくなるからです。

この「専門家」というのは仕事に限った話ではありません。

仕事でも、趣味でもなんでも構いません。

ただ、その分野で他の人が知らない「有益な情報」を発信し続ける必要があります。

それができれば、自身のブランドができあがり必然的にフォローワーが増えていきます。

(2)50代はフォローワーを増やすためのネタ(人生経験)を持っている

前述でフォローワーを増やすには、ほかの人が知らない有益な情報を発信して自己をブランディングをしていく必要があると説明しました。

私が思うに、ブランディングや有益な情報を発信するのは、年齢を重ねている人のほうが何かと有利だと思っています。

なぜなら、年齢を重ねた分様々な分野で経験を蓄積してノウハウを持っているからです。

若い人たちは、この「経験」と「ノウハウ」という意味では、年配者には絶対に勝つことはできません。

もちろん、年配者が持っているノウハウが今の時代に通じるかは分かりません。

しかしながら、年配者が持っているノウハウというのは、形を変えることはあっても必ずどこかで役に立つと思っています。

そして、年配者の我々は、それを後世まで伝えていく義務があると思っています。

少し話がずれましたが、そのような長い時間かけて培った経験やノウハウを活用すればあなたのブランディングを確立することは難しくはないと思います。

是非、Twitterを活用してブランディングを行いしてフォローワーを増やしてみてください。

(3)フォローワーを増やすためには時間がかかる

Twitterを活用して「稼ぐ」ことができるようになるためには、数万人のフォローワーが必要と言われています。

つまり、数万人のあなたの「ファン」を作る必要があるわけです。

たとえあなたにどのような素晴らしいブランディングができたとしても、それを知ってもらいフォローワーになってもらうためにはある程度の時間が必要です。

現在世の中でTwitterを活用して稼いでいる人を見ても、フォローワーを増やすのに皆さん早くて数ヶ月、遅ければ数年の時間がかかっています。

なので、将来副業で自分の生活を安定させたいと思うのであれば、「今」Twitterをはじめてコツコツと継続してフォローワーを増やし、少しずつ「稼ぐ」力を増やしていくしかありません。

すぐに稼ぎたいと思うかもしれませんが、読者のあなたがよほど有名人でもない限りフォロワーの数を増やすには相応の時間がかかることを覚悟しましょう。

私は本格的にTwitterをはじめて3ヶ月ですが、まだフォローワーは100人程度です。

しかしながら、地道に情報発信を続けることで確実に人数は増えています。

皆さんも、将来のために今からすこしずつはじめてみてください。

なお、Twitterで効率よくフォローワーを増やすテクニックもありますので、それに関しては別のブログで説明したいと思います。

5.まとめ

まとめです。

老後も安定して稼ぐため50代でもTwitterを始めるべき理由3点を説明してきました。

理由3点を説明する前に、Twitterでできることを話しました。

Twitterでできること
(1)メッセージをつぶやく
(2)画像やURLを貼る
(3)ハッシュタグを付ける
(4)興味のある人をフォローする
(5)フォローワーとは

次に副業するのであればネットで稼ぐのがベストであり、どのようにネットで稼ぐのかを説明しました。

(1)ネットで稼ぐ方法:商品販売もしくは商品紹介による紹介料で稼ぐ
(2)紹介料をもらう方法:アフリエイト、クリック型広告で紹介料を稼ぐ
(3)広告を貼る媒体:メールやSNS、ブログ、YouTubeに広告を貼り稼ぐ

これら全てに共通する重要なポイントとして「集客」が重要であると説明し、集客にはTwitterでフォローワーを増やすのが最適だと説明しました。

次にフォロワーの増やし方を述べました。

(1)Twitterで自己ブランディングしてフォロワーを増やす

です。

いかがだったでしょうか?

すこしボリュームがあって分かりにくかったかもしれません。

今回説明した内容に関しては、それぞれを深掘りして今後もブログで説明する予定です。

引き続きチェックいただければと思います。

この激動の時代、時代や会社に振り回されることなく、自身で「稼ぐ」力を身につけて、充実した人生をおくれるよう共に頑張っていきましょう!

それでは、また。

あつし