Oculus Quest2 は9/15に発売? (VRのすすめ)

最近Twitterでも話をしましたが、

Oculus Questの新型(Oculus Quest2)が

本格的な生産に入ったようです。

開発時期やスペックに関して

噂を簡単にまとめてみました。

目次

以下が目次です。

1.Oculus Questとは
2.Ocullus Quest 2に関して
1)発売日
2)ディスプレイ
3)コントローラ
4)ヘッドセットの固定方法
5)トラッキングカメラの位置
6USB-Cの方向
7)ヘッドフォンジャック
3.まとめ
4.出典元

それでは、11つ説明していきますね。

1.Oculus Questとは

Oculus Quest

Facebook社が出荷している

VRヘッドセットになります。

現在Facebook社が出荷している

VRヘッドセットは

主に下記3種類になります。

Oculus Rift S PC VRヘッドセット
Oculus Quest (スタンドアロンVR
Oculus Go (廉価版VRヘッドセット)

なお、Facebook社

上記3つのうちOculus Go

今後アップデートはしない旨

正式にアナウンスを行っています。

つまり、今後はPC VROculus Rift S

スタンドアロン型のOculus Quest

2つの製品が残っていくものと思います。

加えて、Facebookは最近Oculus Quest

・「Oculus Link

機能を追加して、Oculus Rift S

アプリをOculus Questでもプレイ出来るように

変更を加えています。

このことから、将来的には

Oculus Quest1本化していくことも

考えられます。

特に、今回リークされた情報を見ると

ディスプレイなど全体的に

Oculus Rift S寄りに

なっているようにも感じます。

2.Ocullus Quest2に関して

今回のリーク元とは、

Twitterアカウント

WalkingCat」氏の情報に

基づいています。

WalkingCat氏は、

過去にもいくつか

発表前の情報をリークした

実績があるようで

信憑性はある程度高いようです。

ただし、オフィシャルな情報ではないので

その旨を承知の上読んでください。

1)発売日

リーク情報によると9/15となっています。

あと1ヶ月半ほどですね。

楽しみです。

2)ディスプレイ

ディスプレイは、

Oculus Rift Sのように

大型のLCD 1枚になると

予想されています。

その理由は、

リークされた写真から

Oculus Questのヘッドセットの

下部に取り付けられている

光軸の調整レバーが

ついていないためです。

一見性能ダウンのようにも感じますが、

これによって、

リフレッシュレートが

90Hz120Hz

なるのではないかと

考えられています。

周波数が高くなればなるほど、

スムーズな表示が可能になります。

特にアクション系のゲームでは

このリフレッシュレートは

非常に需要なので、

期待できますね。

3)コントローラ

コントローラは、

初代Rift CV1

Touchコントローラに

近いと報じられています。

記事を読むと、

実は今のRift SQuest

コントローラは

使いにくくなっていると

コメントされているので、

ユーザの声を元に

初代のコントローラの

操作性に戻されたのかも

しれませんね。

筆者の私としては、

今のコントローラでも

全然問題ないのですが。w

4)ヘッドセットの固定方法

リーク写真を見ると、

ヘッドセット横の

ベルトの固定が

マジックテープでは

なくなっています。

加えて、後頭部の頭蓋骨の

突起を支えるための

3角形のベルトがなくなっています。

Questは元々マジックテープと

バネ式で固定する方式でした。

これが、バネ式に1本化された

ものと思います。

後頭部の形が変わったのは、

Quest2の重量が軽くなったため、

3角形型である必要がなくなった

との予想です。

今のQuestは、

一体型では軽い方だとは思いますが、

さらに軽くなるのは嬉しいですね。

5)トラッキングカメラの位置

トラッキングカメラの位置は

今と比較して

下部方向に変更になったと

報じられていますが、

これが何を意味するかは

分かっていません。

トラッキング性能を

向上させるためではないかと

考えられています。

6USB-Cの方向

これは記事には記載されていません。

筆者の私が

レンタリング図を見て気がついた点です。

今のQuest

縦方向にUSB-Cのコネクタが

配置されているのですが、

新しいQuestでは水平方向に

変わっています。

今の位置では、

L字型のケーブルを挿すと、

床に対してケーブルが

折り曲がってしまいます。

ヘッドセットに対して

コネクタが水平方向になると

この問題が解消されるので

私としては嬉しいです。

7)ヘッドフォンジャック

引き続きヘッドフォンジャックは

サポートされるようです。

これはこれで嬉しいのですが、

出来れば、次期Quest2では、

Bluetoothヘッドフォンを

サポートしてほしいです。

写真からは分かりませんが、

きっと

Bluetoothヘッドフォンを

サポートしているものと

信じています。w

3.まとめ

まとめです。

まだまだ予想の域を出ませんが、

レンタリング画像や

写真のリークが出てきたことで

出荷の日が近づいているのは

間違いないようです。

今年から来年にかけて

Apple社やほかのメーカーも

VR/ARの製品出荷をアナウンスしています。

これからVR/AR

さらに熱くなりそうですね。

楽しみです。

それでは。

あつし

4.出典元

engadget

https://www.engadget.com/oculus-quest-2-september-leak-170523574.html

tom’s guide

https://www.tomsguide.com/news/oculus-quest-2-release-date-just-leaked-heres-when-its-coming

WalkingCat Twitter

https://twitter.com/h0x0d/status/1286656885760786434?s=21

Oculus Quest 64GB/128GBの紹介

PCとの接続が不要で、ヘッドセットだけで

VRを体験することができます。

搭載するストレージの容量によって価格が異なります。

正規輸入品 64GB版で約50,000円、128GB版で約6,4000円です。

Oculus Questに興味のある方は、

こちらの記事も参考にしてみてください。

注文したOculus Questが届きました。 今回から数回に渡って、Oculus Questの使用感を報告していきます。